弁護士費用特約の内容

自動車保険が必要になるケースは色々あります。走行中に故障やトラブルが生じた場合はロードサービスを利用することができます。事故に遭った場合に自分自身や同乗者、車両を補償してもらう際にも保険は役立つものです。
ただし、自分に非がない場合の事故では、保険会社が介入しないシステムになっています。過失が全くない10対0の事故の場合は、被害者となった自分の示談交渉を保険担当者が行ってくれません。
保険会社は、基本的に過失がある場合に対応するシステムとなっているのです。そのため、100%相手が悪い事故の場合は、自分が相手側の保険会社と交渉することになります。相手側には保険担当者がいますので、専門家と素人の自分が話し合うことになるわけです。
この場合に使えるのが弁護士費用特約というものです。示談交渉をした時に、自分が納得できる保険金を支払ってもらえない場合があります。誠意を感じられない対応をされた場合、弁護士に依頼して裁判に持ち込むことが可能となります。
保険会社側が弁護士費用を負担してくれるのは、300万円程度を限度としたものです。弁護士や司法書士への報酬や訴訟に必要な費用を補償してくれるシステムとなっています。弁護士に依頼した場合は、損害額や慰謝料額がアップすることもあります。

Comments are closed.