被害者になったときに必要な事

自転車を運転していて被害者になった場合、行わなければいけないのはどのような事でしょうか。まず大切な事は、必ず警察に連絡を入れて事故の調書を取ってもらう事です。そして、加害者の名前や住所などの連絡先を確認する事が必要です。勤務先や車の登録ナンバーなどもメモしておくべき項目です。
そして次に必ず行うべき事は、病院でしっかり医師の診察を受けて診断を求める事です。軽い怪我であっても、必要なので注意して下さい。
診断を受けた後は、交通事故証明書の発行手続きを取ります。これは自動車安全運転センターに連絡をすると発行してもらえます。
交通事故証明書の発行手続きを終えたら、ご自身の加入している保険会社に連絡を入れて下さい。保険会社により必要書類が若干異なる場合もありますが、概ね必要となるのが、自動車安全運転センターが発行する交通事故証明書や医師の診断書です。
その他に、保険会社ごとに給付金請求書や事故状況の報告書といった書類の提出も求められます。更に、加入している保険の補償によって入院証明や治療証明といった書類が必要となる場合もあります。
最も気をつけなくてはいけない点は、軽い事故だと決め付けてしまわない事です。交通事故の障害は、後から現れる場合や一見わからない場合もあります。

Comments are closed.