補償される専有部分

マンションには、専有部分と呼ばれる範囲のところがあります。これに対し、共用部分というのも、不動産用語であります。専有の部分と、共用の部分というのは、不動産の法律で、それぞれの範囲や条件、規定、面積が定められています。
専有の部分の代表例が、分譲マンションで言うと、各部屋にあたります。また、各配管なども専有です。水道管やガス、排管などは、その各部屋の住人の専有の部分にあたるのです。部屋の外に設置されているバルコニー(ベランダ)は共用の部分となります。
しかし、窓ガラスやサッシに関しては、共用の部分となりますので、勝手にリフォームなどを行う事はできません。窓は外の人からも見えるので、勝手に変えられてしまうと、景観や美観が損なわれてしまい、そのマンション全体のイメージに影響してしまう恐れがあるのです。このような事がないように、窓に関してのリフォームにも定めがあります。
共用部分と言えば、マンションの玄関やエレベーター、自転車置き場やゴミ捨て場です。
因みに、専用使用権付共用部分というのは何かご存知ですか?例えば、バルコニーというのは、共用部分に含まれますが、実際は、専用使用権付共用部分として、その部屋に住んでいる方が独占して使っていい共用部分となります。

Comments are closed.