マンションに必要な補償

分譲マンションを借りたら、火災保険に入ります。この時、対象とするのは専有部分です。専有部分とは、自分の部屋のことで、廊下やロビーなどは含まれません。
しかし、買った時の値段で火災保険を設定してしまうと、専有部分以外にも含まれてしまいますので、部屋だけの価格をきちんと教えてもらうことが大切です。
火災保険は、様々な損害を補償してくれます。例えば、水災や台風、竜巻、盗難などまで対象となることもあります。マンションで重要と言えるのが、水災です。
自分たちが、部屋を水浸しにした場合には、階下や周りの部屋に対しての賠償が必要となります。もちろん、自分の家が逆に被害に遭う場合もあります。一戸建ての場合には、自分達だけの被害ですが、マンションはそうはいきません。また、いつ被害に遭うかは全くわかりません。だからこその保険なのです。
火災保険で賄えないものもあります。地震保険です。地震による火災については、火災保険で賄うことができません。倒壊などももちろん賄えませんので、気をつけたいところです。
生活をしている以上、どんなリスクを背負うかわかりません。しかし、万が一の備えをしておけば、それを回避することもできます。自分たちに合う保険を選んで、リスクを少しでも減らしたいものです。

Comments are closed.