住宅ローンを組んだら加入しないといけない

住宅ローンを組むと、火災保険に加入をする事が契約条件になる場合が多いです。火災保険で保障されるる対象は、専有部分の建築物に対してになります。
ここで対象になる専有部分とは、契約者が居住している部分が該当します。共用部分の火災保険は、マンションの管理組合で加入している事が多いです。管理規約にどのように記載されているか確認をして保険をかける個所を決めると良いです。
専有部分の線引きには、2種類あります。上塗と壁新基準がその計算方法になります。管理規約にも書かれているので、火災保険の見積もりに使用すると良いです。
一般的には、専有部分が上塗だけとしている前者で計算をしているマンションが多いですが、まれに後者の計算方法を使用しているので注意が必要です。後者の方が、占有面積が広くなるので保険料もそれに従って高くなります。
火災保険を契約する時に重要なのは、正しい計算で保険料が計算されている事です。例えば、物件の価格で保険料が設定されていると必要のない金額を支払う事になります。
もしこの様に余分な保険料を計算されている場合には、修正をした保険契約にしなおすと良いです。もし、長期間の火災保険の契約をしたとしても、見直す事が大切です。

Comments are closed.